手汗に効くクリームはあるか?

手のひらにたっぷり汗をかいてしまうことは、とても苦痛なことです。自分一人で抱え込んでいる人も多く、深刻な問題です。汗に対してコンプレックスを抱いている人は多いのですが、あまり汗をかかない人からすると驚いてしまう人もいます。

何か対策はできないかと思っているのならば、市販されているものでまずは試してみてください。何もしないでいれば、手汗は治りませんが、対策をすればかなり軽減されます。精神的なことが原因であるのならば、対策するだけで精神的にかなり楽になりますから、効果が期待できます。

手汗対策にはハンドクリームがおすすめ

制汗剤を使うことが良いのですが、手のひらですから、クリームを使うことをおすすめします。べたつくイメージを持つ人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。汗を改善するために作られていますので、使ってみるととてもさらさらとしています。これなら、手のひらに塗ってもべたつくこともありませんし、いつでも問題なく使えます。いくつも種類がありますので、自分に合っているかどうか、購入しやすいかどうかなどで判断すると良いのではないでしょうか。

メーカーによって成分に違いがあります。だから、実際に試してみることが一番良いです。しかし、中には通販限定商品もありますので、どんな成分が入っているのか、どのような効果が得られるのかを調べてから購入するようにしたほうが良いです。

手のひらから出る汗は、エクリン腺から出ています。汗腺の1種で、エクリン腺は全身にあります。他にはアポクリン腺があるのですが、アポクリン腺はわきの下など部分的にしかありません。エクリン腺から出る汗は、アポクリン腺から出る汗とは違って雑菌が繁殖しにくいので、臭いがしにくいのが特徴です。だから、臭い対策に関する成分は特に入っていなくてもかまいません。汗を止めることができるかどうかを中心に選んでみてください。

手汗対策のクリームは天然成分配合がおすすめ

最新の成分が入っている場合もありますが、自然由来にこだわって作られていることもあります。敏感肌で、なるべく肌に優しいほうが良いということであれば、自然由来成分だけで作られたクリームを使ったほうが良いです。

もちろん、天然由来成分が入っているだけではなく、添加物などが入っている場合もありますから、添加物がなるべく入っていないことを確かめてから使い始めてください。敏感肌の人は、添加物によって肌荒れする可能性があるからです。自分の苦手な成分を知っておくと、成分表で苦手な成分が入っていないことを確かめながら選ぶことができます。

手汗を止めるためには、汗腺の出口にふたをしてしまうことが一番です。だから、効果が続いている間は、ずっとふたがされている状態なので、手のひらがさらさらとします。ふたが外れてしまうとまた汗が出てきてしまいますので、外出先にも持ち運べるくらいの大きさのほうが良いです。気になったらすぐに塗ることができます。塗り直すことも考えた上でクリームを選ぶことも必要です。

有効成分はいくつもありますが、どれだけ肌に浸透させられるかも考えたほうが良いです。今では、有効成分をナノ化して、肌の奥まで浸透させることができるクリームもあります。より高い効果を期待しているのならば、ナノ化されているかどうかも確認してください。ナノ化とは書いていなくても、浸透力が高いと書いてあれば、期待できます。手のひらの表面に有効成分がとどまらないように工夫されているかどうかも判断基準に入れてください。

手汗専用の制汗剤以外がおすすめできない理由

わきの下など他の部分には、すでに制汗剤を使っている人が手のひらにも同じ制汗剤を使うことはやめたほうが良いです。汗をかく部分によって、効く効かないがはっきりと分かれてしまいます。それぞれの部分ごとに最適な成分を配合して作っていますので、手汗が気になっている人は、手のひらにも使えるタイプや手のひら専用を使ってください。わきの下はわきの下用、足は足用というように使い分けることも制汗剤では重要です。

とても優秀な手汗クリームが多数販売されていますが、塗った状態で1日中いるのではなく、必要がなくなったら洗い流してください。汗をかきたくないとはいえ、汗腺にふたをした状態は決して良い状態ではありません。だから、家に帰ったらすぐに洗い流すようにしてください。肌が不自然な状態が続くのは、良いことではありません。

まとめ

手汗がコンプレックスになっている人は、ぜひ試してみてください。塗ると塗らないとではかなり手のひらの汗の量が違います。全く汗を感じなくなるくらい効果を実感できます。もちろん、感じ方には個人差があります。だから、試してみてすぐに良いと思わないこともあるかもしれませんが、こういう場合は他のメーカーのクリームに変えてみてください。そうすると、汗がピタッと止まる可能性が高いです。メーカーによって中身が違いますので、購入するときは、最初はお試し用などを利用したほうが安心できます。