手汗をツボで止める方法

多くの人が手のひらに大量の汗をかくことを悩んでいます。緊張すると大量の汗が噴き出してしまうことは決して珍しいことではありません。

暑いから汗が出るということもありますが、暑くなくても手汗を大量にかいてしまう人もいます。実は、ツボを押すことで止める方法があります。

どこを押せば良いのかを覚えておいて、いざというときに押してみてください。そうすれば、あまり悩まなくて済むかもしれません。

労宮という手のひらのちょうど真ん中にあるツボ

手の汗を止めたいのですから、やはり手を押します。労宮という手のひらのちょうど真ん中にあるツボを押してみてください。手をグーにした時に、中指の当たる場所がそうです。労宮には、心を落ち着かせる効果があります。

緊張すると大量に手のひらから汗が出る人にぴったりです。ここを深呼吸しながらゆっくりと押します。5秒押して5秒離すようにマッサージする感じで押すと良いです。だんだんと精神的に落ち着いてきて、汗があまり出なくなってくるはずです。

人前に出るとどうしても緊張してしまって、手のひらから大量の汗が出ると悩んでいる人は、人前に出る前に押してみてください。一番緊張しているときに緊張をほぐすことができるので、あまり汗が出なくなるはずです。

合谷という万能のツボ

また、合谷という万能のツボもおすすめです。主に上半身に効果的と言われており、手汗にも効果が期待できます。手の甲の親指と人差し指の骨の間にあります。

人差し指側の骨のすぐ横にありますので、押してみてください。痛いけど気持ちいいと思う場所が見つかります。そこが、合谷です。ここを押すと、多汗症だけではなく汗をかかない人が汗をかくようになります。代謝が悪くなっているのを整える働きがあるからです。

合谷は、緊張すると汗が出る人だけではなく、多汗症で悩んでいる人であればどんな人にも良いので試してみませんか。簡単に押せるので、覚えておきましょう。

以上の二つがとても有名です。また、手にあるのでいつでもどこでも簡単に押せるので特におすすめします。これらだけでも十分効果が期待できるのですが、実は足に手汗を止めるツボがあります。復溜は、ふくらはぎにあります。うちくるぶしとアキレス腱の中央から指2本分くらい上を押してみてください。

ここは、水分の代謝を整えることができるので、足にありますが、手にも効果が期待できます。親指でもみほぐすような感じでマッサージしてみてください。痛みがあるけれど気持ちが良いと感じるので、日ごろから時間があればもみほぐすと良いです。水分代謝を改善しておけば、あまり汗のことで悩まなくて済むようになります。

首筋の身柱もおすすめのツボ

身柱もおすすめです。これは、首筋の出っ張ったところから突起3つ分下にあります。自律神経を整える働きがあるので、日ごろから自律神経が乱れているように感じている人は、なるべく押したほうが良いです。

押している姿は、まるで肩をもみほぐしているようにしか見えませんので、肩が凝っているように見られるだけで済みます。周りに手汗で悩んでいると知られることなく止めることができますので、覚えておくと良いです。緊張したときには、押してみてください。

ストレスによって自律神経が乱れることはよくあります。多汗症の人の中には、ストレスが原因で自律神経を乱している人も多いので、多くの人におすすめできます。強いストレスを感じ、気が付くと手のひらが汗ばんでいるようなときなどに試してみてください。

後谿で体温を下げて手汗を抑える

また、こぶしを作ったときに飛び出る小指の付け根あたりを押してみてください。ここは、後谿と呼ばれており、体温を下げる効果があります。やはり、体温が上がれば汗がたくさん出てしまいますので、後谿を押して体温を下げてみてください。

親指の腹を使って優しくマッサージすると徐々に体温が下がってきます。ここも手にありますから、とても押しやすいです。自然な感じて押すことができます。暑くて汗が出ていると感じたときに押してみてください。

まとめ

体温を下げるのならば、他にも体温を下げる効果のある食べ物や飲み物を口にすることも有効です。特に、夏野菜には体を冷やす効果があります。加熱してしまうとあまり体を冷やさなくなりますから、なるべく生の状態で食べてください。キュウリやトマトなどを食べて、体温を下げれば汗もあまりかかなくて済みます。

また、女性ならばブラジャーをきつめに留めることも有効です。舞妓さんは顔に汗をかかないと言われていますが、これは帯をきつく締めているからです。すると、締めた部分よりも上の部分の汗を止めることができます。ツボではないのですが、とても有効な方法なので試してみませんか。

手汗を止める方法は、いくつもあります。簡単にすぐにできる方法もたくさんありますので、困っている人はやってみてください。どうしても手汗が止まらないときに役立ちます。どれも難しいことではありません。また、日ごろから押したほうが良いツボもあるので、毎日の習慣にするのも良いです。

手汗は病院で治る?

運動をしたり、気温が高い時期などは、全身から汗をかくこともあります。また、緊張やストレス、不安などといった精神面が原因により汗をかくことも起こりえます。

生活習慣の乱れにより、自律神経の乱れが起きてしまったり、極度の緊張、ストレスなどにより、発汗作用などが正常な状態を保てず、全身ではなく、体の一部だけ極端に汗をかいてしまうこともあります。手汗の原因の一つであると考えられています。

生活に支障がでてしまうほど、手に汗をかいてしまう場合には、治療を考える方も中にはいるかもしれません。ですが、病院で治療をしてもらう場合には、何科に行けばいいのか悩んでしまいます。

皮膚科と整形外科での手汗治療

皮膚科やや整形外科などで、手汗などに関しては治療を行ってくれるので、治療を受けたい場合には、皮膚科や整形外科などに行くようにしましょう。
皮膚科では、薬物治療をするのが主な治療法の傾向があります。整形外科では、手術をして症状を改善する方法などがあります。

私生活や仕事などで、どうしても手に汗をかいてしまうと支障が出てしまう場合には、病院に通い、治療を行ってもらういましょう。

病院以外にも普段からの生活改善も大事

また、精神面が手汗の原因になることも多いため、自分で生活習慣を改善し、また、ストレスや緊張など精神面の対策をすることも重要なポイントといえます。

生活習慣では、自律神経に影響を及ぼす点を改善していくことが大切です。不規則な生活をしていたり、睡眠不足、また運動不足などの場合には、発汗作用などに影響がでてしまうため、できるだけ改善していけるように心がけることが大切です。

規則正しい生活習慣を身につけ、きちんと睡眠時間を確保することや、定期的に運動をする習慣を身に着けていくことで、自身の健康の維持、また、自律神経の安定、発汗作用が正常に戻るように、日々の生活の中で心がけていくことが重要です。

また、過度なストレスを抱えてしまうと、これも自律神経を乱し、発汗作用などにも影響がでてしまいます。普段の生活、そして職場で仕事や人間関係に悩んでいる場合には、ストレスが溜まり易いといえます。

そのため、ストレスを解消するか、悩みなどがある場合には、できるだけ改善していけるように自身で工夫をするか、周囲にいる家族や友人に悩みを打ち明けて解決策を模索することもストレスをある程度解消するには必要なことです。生活環境を一度見直してみて、ストレスが溜まりやすい環境でないかをチェックしてみてください。

また、緊張や不安により、手に汗をかきやすい場合には、どのような状況の時にその症状がでるのかを把握しましょう。人前に出た時に過度に緊張してしまい、汗を多量にかいてしまったり、職場などで会議などで発言をする時などに周囲の視線を一身にあびてしまうと汗が出てしまう場合も考えられます。

その他にも、取引などで、相手と握手をする場面などで、汗をかきそれが相手に対して不快な気分にさせてしまったらどうしようと、不安を感じてしまうことでも汗がでてしまうこともあります。生活をしていると、さまざまな状況で、ストレス、緊張、不安になる場面はいくつも考えられます。

そのような時にあまり過度に緊張や不安な気持ちにならないように、少し心を落ち着けることも重要です。手汗を気にしすぎるあまりに、精神的に不安定になってしまうと、その症状が悪化してしまう場合もあります。そのような状況にならないためにも、ある程度汗に関してあまり気にし過ぎないように、普段から心がけることも重要です。

その他に、対策としては汗をかいたらいつでも拭き取れるように、ハンドタオルなどを常にかばんやポケットなどに入れておくと、多量に汗をかいた時でもすぐに拭き取れるため、多少は不安やあせりを軽減することにもつながります。

制汗剤も併せて利用する

また、どうしても汗を多量にかいてしまうとまずい状況の時も、仕事などでは起こりうることがあります。そのような場合の、一時的な手汗対策として、制汗剤などを用いるのも有効な手段です。制汗剤は、一時的に汗を止めてくれる効果が期待できるので、会議や取引相手との商談の時の前などに使っておくことで、汗をある程度抑えてくれます。しかし、制汗剤も使うことで、肌に対して負担がかかり、その影響で肌荒れになることもあります。制汗剤が原因で肌の毛穴を詰まらせてしまうことがあるためです。そのため、制汗剤を使う場合には、よく状況を把握して、重要な場面でのみ使用して手汗対策をするように心がけるようにしてください。

手に汗をかくこと自体は、普通のことではありますが、時にはそれが自分の生活に悪影響を及ぼしたり、または周囲に対して不快な気分にさせてしまうこともあります。ちょっとした工夫や対策である程度その状況を乗り切ることもできますが、自分の対策だけでは、カバーしきれないと判断した場合には、病院などの医療施設で、専門の医師による治療を受けるようにすることも、解決策になります。

手汗は手術で治る? 費用と効果は?

汗をかきやすい体質というのは人によって様々ですが、中には手に大量に汗をかく手汗に悩む人は少なくないとされています。

たとえば、手に汗を大量にかくことでペンが上手に持てなくなったりノートや本を濡らしてしまうことや、ピアノを弾く際に必ずハンカチが必要になる、好きな異性と手をつなぐことができない、つり革や手すりなどに摑まることに抵抗を感じるなど、人によって悩みは様々です。

本人が特に気にしていない場合には問題ないのですが、生活に支障が出ていたりコンプレックスとなって誰にも相談できないくらいまでに悩んでいるという場合であれば、手汗の手術をすることも選択肢の一つです。

では、実際に手汗を手術で治るのか、その効果や費用などはどのくらいなのか気になるところです。

手汗は制汗クリームを塗ったりこまめに汗を拭きとるようにすることで徐々に改善することもできますが、あまりに汗が多い場合や本人がその症状をつらいと感じている場合には手術で改善するのが望ましいと言えます。

ただ、初めて受ける場合にはどんなことをするのか不安に陥る人もいることかもしれません。

ボツリヌス注射で手汗治療

手汗に効果的な方法はいくつかの方法が存在しますが、比較的体への負担が少ない方法としてはボツリヌス注射があります。

美容整形などでも行われることのある方法で、ボツリヌス菌を患部に注射することで汗腺を麻痺させ汗をかかないようにします。

効果としては3か月ほどでボツリヌス菌の効果が弱まってくれば元の状態に戻ることができるので半永久的に有効ではないことと、メスを使用しないので傷跡が残る心配がなく、ダウンタイムが短く術後すぐに日常生活が送れる点でも良いとされていますが、効果を持続させたい人には不向きな治療と言えます。

ボトックス注射で手汗治療

ボトックス注射の場合、脇は保険適用が可能でその場合は3万円程度ですが全額負担となると10万前後かかるとされています。

ボトックス注射でもあまり効果が期待できない場合には、ETS、腔鏡下胸部交感神経遮断術は非常に有効な手術だとされています。

人間の体には自律神経があり、その中でも緊張やプレッシャーがある時に働くのが交感神経、リラックスしているときに働くのが副交感神経ですが、自律神経の働きによって汗のかき方も異なってくるとされているのです。

特に、緊張したときに働く交感神経は汗の量を調整していますので交感神経が優位になっているときは非常に汗をかきやすい状態になっているとされています。

ETSで手汗治療

ETSは、脇の下数センチを切開してそこから内視鏡を用いてカメラ映像で確認しながら交感神経の束を遮断していくので、汗をかきにくくなるどころか場合によって汗自体をほとんどかかなくなることがあります。

掌に汗をかく交感神経は背骨から左右に張り巡らされているので、一方の手を行ったらもう一方の手も行うとされています。

術後はその日のうちに帰ることもできますが実際に腔鏡下胸部交感神経遮断術を受けた人の40%は一泊入院していくのが一般的だとされています。

副作用としては、手に汗をかきにくくなったものの顔や背中、お腹やももなどほかの部分に汗が集中しやすくなりますがこれを代償性発汗と呼び、結果的に全身の汗が少なくなったというわけではないと言えます。

また、以前に比べて体内の熱が逃げにくくなるために顔のほてりを感じたり体内に熱がこもってしまうことが考えられます。

手汗治療手術での副作用

ちなみに、実際に汗はかかなくなったものの前述したような副作用が出ることから手術に踏み切ったことを後悔している人も一方で少なくないとされています。

汗を全くかかなくなったことで乾燥状態が強くなり、冬場などの乾燥する時期はハンドクリームが欠かせなくなる人もいるようです。

加えて、普段から鋳物や熱いものを食べることで発汗する作用が起きますが、手術を行うことで味覚によって生じる汗の発汗機能が誤作動を起こし、チョコレートなどの甘い食べ物を食べていても発汗することもあるようです。

腔鏡下胸部交感神経遮断術は、手汗を改善するのに有効な方法でもありますがその分リスクも高いので本当に受け受けることを検討している際にはじっくりと考えた上で受けるようにするのが望ましいかもしれません。

ETS手術の費用

ETSの費用にはどのくらいかかるのと言いますと、この場合にも健康保険が適用できることがあるので3割負担であれば3万円程度で済みますが何らかの理由で全額自己負担となると10万前後かかるとされています。

入院する場合や、クリニックによって費用が異なることもありますので事前に確認してみるのが良いです。

治療費が10万円以上超える場合には医療痔控除の手続きをすれば翌年一部返還金がありますので保険の相談窓口などに相談してみることをおすすめします。

このように、大量にかく手の汗を改善していくことは十分考えられますが、確実な方法ではあるものの場合によってはリスクが高く費用もそこそこかかりますので、安易に受けるのではなく慎重に考えた上で受けるのが好ましいと言えます。