手汗の対策 ファリネが人気の理由

ファリネが人気の理由

女性に取って、汗の問題は、非常にデリケートであり、誰にも相談できないことから、深刻化してしまうことも珍しくはありません。

世間では、女性は男性とは違って、汗をかかないもの、といったイメージが定着してしまっている部分もあり、汗かきの女性は、臭いの発生も気にして、かなり神経質になっているようです。

健康な肉体である限り、発汗することは何ら特別なことではありませんが、汗は止めようと緊張すればするほど噴き出すように出てしまう、という特徴もあり、自分の意識下でコントロールするのは、かなり難しいといわれています。

中でも手汗は、日常生活のあらゆる場面で支障をきたしてしまうことにもつながり、何とか改善したいと願っている女性も少なくありません。私たちは毎日、色々な場面で手を使う作業を行うので、手から大量の汗が出てしまうと、ものがつかめなかったり、書類であれば破れてしまったりと、思わぬ問題が多発してしまいます。

こういったアクシデントを、人に見られているといった状況では、さらに汗が止まらなくなってしまうことは容易に想像でき、そういったことが続けば、やがては精神的に強いストレスを感じるようになり、人目を気にして、仕事すらできなくなってしまうこともあるのです。

もちろん、タオルなどでこまめにふき取ったり、制汗剤を使ったりと、自分なりの対策を取っている女性も多いようですが、そういったケアでは一時しのぎにしかならず、何度も付け直しを余儀なくされてしまったり、肌荒れを起こしてしまうこともあり、悩んでしまっている方もいるようです。

ファリネの特長

そんな女性たちの救世主といわれているのが、手汗専用に開発された制汗剤であるファリネで、通販限定商品ながら、数々の女性誌や健康誌、美容専門誌でも取り上げられており、かなり人気を集めているようです。

その理由は、抑汗効果が抜群に高いということはもちろんのこと、使いやすいコンパクトタイプの形状や、制汗剤ということがわからないようなおシャレな容器、肌に優しい成分だけで作られているという安全性などが挙げられます。制汗剤に求めるものは、一にも二にも確実な抑汗効果で、しっかりと汗を食い止めることができない商品は、使っても意味がありません。

前述したように、汗は意識すればするほど発汗してしまうという性質があるので、これを使えば汗が確実に止められる、という安心感が持てれば、逆に汗が出にくくなり、考えなくなるので緊張しない、という理想的な状況に導くことができるわけです。

ファリネは、即効性があり、汗が出ると思った瞬間に手にさっと付ければ、ピタッと止めることができるので、それ以上焦る必要がなくなります。これが汗が出にくくなる体質改善への近道で、ファリネを持っているということ自体が、女性たちに安心感を与えてくれます。細かい粒子のパウダーなので、クリームのように手が余計にベタついてしまうこともなく、すぐにものがつかめたり、人に触れられるので安心です。

見た目は、まるでコスメアイテムのような形状なので、バックの中に入れていても、制汗剤とは気づかれません。さっと蓋を開けて手の平にはたけばよいだけなので、いつでもどこでも使えるという利便性も、人気となっているポイントの一つのようです。

手汗の出るメカニズムと、脇など身体から出る汗のメカニズムは全く違います。それが、ボディ用の制汗剤を使っても、手にかく汗が止められない理由で、逆に何度も付けることによって、強い制汗成分にかぶれてしまったり、かゆみや発疹が出来てしまう原因にもなり得るのです。

ファリネは、大手のドラッグストアや、通販ショップでは販売されておらず、公式サイトからの購入しかできませんが、定期購入すればいつでも切らさずに入手でき、また割り引き特典も受けられます。

これを使えば、今まで敬遠せざるを得なかった握手や恋人との手つなぎなど、臆することなく叶えられます。パソコンや携帯電話など、電子機器が故障してしまうこともなくなり、人前で書類に字を書くこともストレスに感じません。手は、意外と人目によく留まる部位でもあるので、この部分にコンプレックスがあると、行動すべてに自信が持てなくなってしまいます。

仕事もプライベートも、気に病み、緊張しなければならない場面ばかりになってしまうので、確実な対処法を持っているということが何よりも重要です。ファリネを使うようになれば、全く汗をかかなくなるわけではありませんが、汗を瞬時に食い止め、サラサラの状態にしばらくキープさせることができるので、それ以上事態を悪化させてしまうことを回避できるのです。

この繰り返しの経験こそが汗かき体質の方には必要で、汗をかいても自分で止められるという安心感があれば、汗の量も次第に減っていくのです。子供が使っても安心なほど、厳選された成分だけしか入っていないので、かなり肌質が弱く敏感だという女性でも問題なく使えます。

このように手汗の対策はファリネがいちばんおすすめだと言えます。

ファリネで手汗対策が出来ると恋人も出来る!?

ファリネで手汗の悩みがなくなると、自分に自信が持てるようになります。そうなると異性に対しても自然と自信が持てるようになります。

もし出会いがないというかたはネットで出会いを見つけるというのもありです。最近ではネットの出会い系サイトで結婚をする方も増えています。

いちばんのおすすめは、男女の会員数のバランスがとれていて、毎日2,000人が新たに会員になっている口コミで評判のペアーズに登録してみてください。

Facebookをやっているということがペアーズ登録の条件になりますが、実名でやっているFacebookだからこそ、登録者に信頼がおけて口コミでも評判になっています。

Facebookでつながっている友達にはペアーズを使っていることは絶対にバレないので安心してください!

手汗の改善方法おすすめ5つを紹介

手に汗をかいて、物を持つ時に滑ってしまうなど日常生活に支障をきたしてしまう手汗を、手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)と言います。手汗は自分だけではなく人に不快な思いをさせてしまうことがあり、悩みの1つという人も多いようです。手に汗をかく原因と5つの改善方法をご紹介します。

手汗が酷い人の原因として考えられているのが、精神的要因・ホルモンバランスの乱れ・生活習慣の乱れ・肥満・病気によるものがあります。緊張している時などに手汗をかくことがある人は多いと思いますが、それも異常なまでに汗をかくようでしたら手掌多汗症の可能性が考えられます。ストレスなどを感じると交感神経が刺激され、汗を分泌してしまいます。

また、ホルモンバランスが乱れることや生活習慣が乱れることにより、自律神経に乱れが生じ、汗が異常に分泌されてしまうことがあるのです。肥満や病気が隠れている場合にも汗が増えてしまうことがありますので、何が原因で手に汗をかいてしまうのかを知ることが大切です。まずは病気が隠れていないか診断を受けるようにしてください。

手汗を改善するおすすめの方法をご紹介します。

(1) カウンセリング

精神的要因によって交感神経が刺激されていることが原因の場合は、カウンセリングを受けることをおすすめします。汗に対するネガティブなイメージを拭い去ったり、予期不安を解消する方法などを知ることができます。

(2) 制汗剤を使用

汗が出ることによって不快に感じているのであれば、汗自体を抑えることも有効です。ワキの下や足の裏などニオイが気になる箇所には制汗剤を使用するという人も多くいますが、手のひらに対しても有効とされています。ただし、スプレータイプのものなどは低温火傷の原因となることもありますので注意しましょう。

手に使用する制汗剤でおすすめなのは、デオドラントクリームのようなクリームタイプです。デオドラントクリームはニオイを抑えるだけではなく、汗を抑えてくれる効果がありますので、使用してみましょう。

また、ナスのあく抜きなどに使用されるミョウバンが汗に効果があると言われており、ミョウバンと水を混ぜた物をスプレーすることで、汗を抑えてくれる効果があります。ミョウバン水の作り方は簡単で、500ミリリットルのペットボトルに15g程度のミョウバンを混ぜ、透明な色になるまで放置し、ペットボトルの蓋1杯を30倍~50倍程度に希釈し、スプレーするだけという簡単なものです。携帯用のスプレーボトルに入れて持ち運べば気になる時に簡単に制汗することができます。

(3) 薬物療法

ブロバンサインと呼ばれる神経遮断薬のような薬物を用いて、交感神経から出されるアセチルコリンという脳内伝達物質が生成されるのを遮断する薬です。脳の伝達物質を遮断することで汗を抑える効果あります。

しかし、伝達物質を遮断する薬ですから、副作用が出ることが多く、便秘や胃腸の不快感、口が渇くなどの症状が出ることもあるようです。薬物を使用する際には医師と相談して服用するようにしてください。

(4) ボトックス注射

多汗症の治療法として、ボトックス注射があります。ボツリヌス菌という毒素を体に入れることで、汗の分泌を抑えてくれる働きがあり、約半年~1年程度効果が持続します。この治療をする際には、手以外にも汗をたくさんかくなどという人が対象になることがあり、保険が適応されないことがある為、高額な治療費がかかってしまうことがありますので注意してください。

汗自体をかかなくなる為、日常生活でケアする必要がなくなるというメリットがあります。デメリットは医療費が高額になってしまうことと、期間限定ということなので、施術してもらう場合は理解した上で受けるようにしてください。

(5) 手術

多汗症は手術をすることで治すことができます。今は内視鏡を使い、短時間で終わるということもあり、手術をする人が増えているようです。

多汗症内視鏡手術(ETS手術)は、脇の下に4mm~5mm程度の穴を開け、そこから管を通し内視鏡を見ながら、胸部の交感神経を断つという方法をとります。手術時間が40分程度で終わることと、傷が小さく目立たないという利点があります。

ただし、交感神経を断つことにより、乾燥肌になってしまうという人もいるようで、年中ハンドクリームがかかせないという状況になってしまうことがあるようです。手術を考える際には、デメリットをしっかり知り、必要に応じて選択してみましょう。

手の汗ということだけに限らず、汗をよくかくという人は病気の可能性が隠れているかもしれません。代表的な病気として挙げられるのは、甲状腺機能亢進症や糖尿病、自律神経失調症、更年期障害、結核などの病気があります。まずは、自分がなぜ汗をかくのかという原因を知ることから始めてください。また、病気が発覚した場合には、その病気に対しての治療を進めていくことで手汗がなくなるということもあります。

おすすめサイト

スポーツで汗をかくことは健康にとても良いです。手汗が気にならなくなると、スポーツに前向きに取り組むことができます。
またスポーツでトレーニングを行う際にプロテインなどのサプリを飲むと良いと言われています。
実際にプロスポーツ選手、たとえばメジャーリーガーのダルビッシュ投手もトレーニングとサプリメントを組み合わせて飲んでいます。
おすすめはHMBが配合されているHMBアルティメイトです。レイザーラモンHGが愛用しているHMBアルティメイトはこちらのサイトで詳しく解説されています。
ぜひトレーニングと組あせて飲んでみてください。