種類

手汗の原因の種類についての解説と日常で行える対策方法をご紹介します

手汗の原因は実は多岐にわたります。手に汗握るという言葉があるように、緊張時などにある程度の手汗が出るというのは正常なことで問題はないのですが、これが大量に出て汗が地面にしたたたり落ちるというようなケースや、特に何もないのに手汗が止まらないというような症状があれば、これは何かの原因でこのような症状が出るようになっている疾患と考えるべきでしょう。手汗が多く出るというのは、そうした体の異常が目に見える形となって出てきたということです。

手汗の原因と考えられるものは実は1種類ではありません。いろいろな要因が考えられます。まずは、精神的な要因が考えられます。いわゆるストレスです。ストレスというのは一種の緊張状態を作り出します。これによって人は緊急時に備えることが出来るようにしているのです。

昔であれば、獰猛な動物に襲われたりした時に、これが役に立ったと考えられます。緊張状態を作ることで、どんな事態にも備えるようにしておき、急に動くことが出来るように体温を温めようとしたわけです。そのため、心臓の鼓動は早くなり、体は熱くなるのですが、これによって汗が出やすくなるわけです。汗によって上がり過ぎた体温を下げることもするわけです。

特に手には汗腺という汗がでる線が多くあるので、手は汗をかきやすい場所になっているわけです。ただ、この汗が異常に出るということは、大きなストレスを感じているということが原因の一つとして考えられます。

次には肥満も考えられます。太っていると体の温度をうまく下げることが出来なくなるので、汗をかくことで体温を下げようとする働きが多くなるからです。そのため、肥満の人には汗をかく人が多くなるわけです。

また、自律神経失調症のような神経の働きが正常でない場合も汗をかくことになるケースがあります。これは、体内のホルモンバランスが崩れることによって汗をかく機能を正常にコントロールすることが出来なくなるからです。これはストレスとも関わってくることにもなるかもしれません。

また、他にも加齢によるものや、食生活の乱れなども原因となることも考えられますし、種々の病なども関わってくることがよくあります。多汗症といわれるような症状が出るようになると、これらの要因が複合的に関わり合って、相互作用してその症状が出来るケースが多いといえるでしょう。

したがって、その対策としては、まずはストレスを受けないようにすることが大切です。今の社会でストレスを全てなくすということは出来ないでしょうから、ストレスを低減するというようにいった方がいいかもしれません。精神の働きというのは密接に人の体と関係していることが最近は分かってきました。

特にホルモンバランスを正常にするように機能がストレスと関わり合うことが知られてきていて、自律神経との働きが正常に出来るどうかがストレスを受けるかどうかと深くかかわることが分かってきています。ですから、出来るだけストレスを受けないようにすることが大切です。

その為には、健康的な生活が不可欠です。健康的な生活というのは、バランスよく食べて、よく寝て、適度な運動をするということです。軽いストレッチなどはストレスに対してもかなりの効果を発揮することが知られるようになってきました。ストレッチは爽快感などにも繋がりますから、ストレスの低減以外でも効果を発揮してくれます。

また、睡眠は深い睡眠をとることが大切で、質のいい睡眠がとれるようにすることです。時間を多く眠るということではなく、深い質のよい睡眠をとるようにします。具体的には寝返りがしやすい寝具でしっかりと眠るようにします。寝る時の部屋は暗くして、出来るだけ明かりなどの刺激が入らないようにして、眠るといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です