手汗

多汗症と手汗の関係

人はそれぞれ他人にはいえないような悩みを持っていますが、その中のひとつに汗の量や臭いを気にする手汗があります。他人よりも手の平にでる汗の量が多い場合には、多汗症を疑ってみることも必要になります。

日常生活で困るのは汗が多いと人と握手をするときに、不快感を与えることになりますので人と触れることを拒絶してしまいますし、また読んでいる雑誌や書類などを手に持っていると、濡れてしまうために使用できなくなることもあります。

日常生活に支障をきたすくらいの手汗が出るようになると、多汗症との関係を知って対策をすることが必要になります。まず人によって汗には差がありますが、一番軽い状態なのは手の平が湿っている状態です。そして、水滴ができる状態から汗が垂れる状態まで段階的に進むことがありますので、今の自分の状態を把握することから始めることです。

気をつけたいのは、常に汗が出ているわけではなく「緊張する場面」や「焦って行動をしているとき」などがありますので、日常生活のシーンによって程度の差が変わってきます。もちろん季節なども関係しますので、夏場などはどうしても全身から汗をかきやすいということがわかります。

そのために考えすぎもよくないので、精神的な状態を確認して手汗などを考える必要があります。

しかし、多汗症になる人の中には、太っている人では肥満症になっている人や、ホルモンバランスが崩れている人などもいますので、肥満症になっている人は痩せることから始めて、ホルモンバランスが崩れている人は正常に整えるための生活習慣や、治療をすることが先決になります。

肥満になっている人は皮下脂肪が増加していることによって、熱を溜め込みやすくなり熱量が放出されるときに出る汗の量が多くなってしまうのも問題となっています。ちょっとした運動でも大汗をかいてしまう人では、多汗症の疑いがありますし手汗が多く出てしまうことによって、指先から汗が滴り落ちることになります。

そのために他の人から不潔と思われることもありますし、汚いイメージを与えてしまうので、まずは痩せることによって汗の量を減らすことができます。

どうしても気になる人は、専門医にいって対処方法を教えてもらうこともできます。意外と多いのは精神的なことで汗が多く出てしまう人がいるということです。汗を出すことで他人に不快感を与えることが精神的に負担になってしまうことで、勝手に追い詰められる状態へとなると汗が大量に出ることになります。

勝手に思い込むことがいけないことになりますので、まずは安心してもらうことが大切だといえます。病院では薬物療法もありますし芳香スプレーなどを使って汗の臭いを対策しておくだけでも落ち着きがでてきて、汗を少なくすることができます。

多汗症と手汗の関係では、やはり精神的なことから対応しておくことで、余計な汗を出さなくなり、また相手に不快感を与えないようにできます。その反面、精神的なことをコントロールできない状態ではどうしても、汗の量が多くなり不安が増すことがありますので、時間をかけて安心した治療を進めていくことです。

手汗が多いと感じた場合には、多汗症を疑ってみて専門医に診断をしてもらい、その対策を相談することから精神的な負担も少なくなりますので、まずは行動をしてみることになります。

その上で日常生活で改善できるところは改善をしてみて、汗に対する知識を持っていくことや、同じ悩みを持っている人から話を聞いてみることも大きな一歩につながっていきます。ちょっとしたことでも一人で悩まないようにして、汗と上手に付き合っていくことができると日常生活でも積極的に行動できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です